プライバシー保護の方針

プライバシー保護への取り組み

株式会社メタップス(Metaps)は、Metapsのウェブサイトにアクセスし、または、これを利用する人たち(利用者)のプライバシーを尊重し、個人情報の保護に真剣に取り組んでいます。このプライバシー保護の方針は、Metapsのウェブサイトの利用に関する指針を提示することを意図したもので、利用者が広告主や出版社の場合、本方針の一切の記載が利用者のエンドユーザー(エンドユーザー)にも適用されます。Metapsは利用者に関する個人データを収集して、求められるサービスを提供したり、利用体験を改善したり、製品、サービス、またプロモーションの内容について利用者と通信ができるようにしています。ただし、Metapsが利用者の個人データを第三者に公開、売却、貸与することはありません。

本方針が記載するように、Metapsは利用者の個人データを、関連会社、また一定の条件のもとMetapsに代わってサービスを提供し、または、製品やサービスの提供に関して提携している第三者に公開することがあります。本方針には、Metapsが利用者に関して収集する個人データ、その収集理由、その活用方法、さらにどのような状況で第三者にデータを公開するのかが記載されており、また、利用者のMetapsへのデータ提供の方法についても記載されています。

本方針の記載内容が将来変更される場合は、Metapsのウェブサイトに変更内容を掲示します。サイト下部に表示される改訂日によって、内容が変更されたかどうかを確認することができます。利用者による個人データの提供方法はいずれの時点でも変更することが可能です。

Metapsプライバシー保護:内容

  • 収集する情報
  • 収集情報の活用
  • 収集情報の共有
  • 情報の管理
  • 安全対策
    1. クッキーの使用
    2. ウェブビーコンの使用
    3. 他サイトへのリンク
  • 情報の保管
  • プライバシー権 / 質問やコメント

収集する情報

Metapsは、運営するウェブサイト上やサービスで利用者から個人データを収集し、また、利用者が自身の判断で提供する個人データを処理して保存します。個人データの収集、提供、処理や保存は、適用される個人情報保護法に従って、電子的なものを含む通信手段によって行われます。

Metapsのウェブサイトを利用するには、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの個人データを提出して、登録する必要があります。

収集保存される情報について以下に説明します:

利用データ

Metapsが運営するウェブサイトやサービスを利用すると、利用時に使用されたコンピューターや端末のドメイン名やIPアドレスが自動的に保存されます。同時にクッキーなどによってウェブサイトやサービスを利用した時間、またアクセスされたページと使用ブラウザーに関する情報も保存されます。

携帯端末によるサービス利用

2.1 利用者またはそのエンドユーザーは、(アンドロイドOSの多機能電話など)携帯端末からMetapsが運営する内容やサービスにアクセスすることができます。アクセスを可能にするため、MetapsはさらにIMEI端末識別番号、基本ソフト(OS)のバージョンや端末の種類(端末ID)といった一般的な技術情報も保存します。端末IDは携帯端末を識別するために活用され、端末内に保存されているこのコードは利用者が変更できないものです。

2.2 Metapsは利用者が運営サービスと通信する際に、端末IDなどの情報を数回にわたって収集します。この情報は、バーチャル通貨や特典などの追跡機能を利用者に提供するために使用されます。運営サービスとの通信を実行すると、利用者は求めたサービスや製品に関連して端末ID をMetapsが活用することに同意することになります。Metapsはまた、端末IDや端末の種類に関する情報を提携先と交換して、サービスや製品について利用者が発する求めに応じています。Metapsは、端末ID を利用者の同意なく使用したり、本方針が規定する理由以外に使用することはありません。また規定する以外にいかなる第三者とも利用者の端末ID を共有することもありません。

2.3 利用者がその携帯端末をMetapsのサービスや製品の利用から除外することを望む場合は、support@metaps.comに端末ID を提出してお知らせください。30営業日以内に除外の要請を処理します。

電子メールアドレス

Metapsは、利用者が電子的などの通信手段で提供した電子メールアドレスを保存します。

通信によって生成された情報

チケットや電子メールをMetapsのカスタマーサポートに提供すると、利用者の要請にできる限り応えられるよう、電子メールアドレスなどの個人データの他、利用者との通信履歴が収集され保存されます。Metapsがこの情報を第三者と共有することはありません。

自発的に提供されたその他の情報

Metapsは提供するサービスを常に改善しようと、また利用者の要望に沿えるようにしようと努力しています。利用者は、サービスなどの利用による他、Metapsとの直接的な通信の過程で氏名、住所、年齢、性別、関心事、さらにウェブサイト上で支払いを行う場合は支払いに関する情報などの個人データを提供することができます。利用者はまた、提携先が運営するウェブサイトにおいて利用状況データを収集、記録することをMetapsに許可することも可能です。

エンドユーザーの利用データ

利用者が開発者や広告主の場合、Metapsは利用者に対して、そのエンドユーザーによる携帯アプリケーションの利用状況や携帯端末の違いによるアプリケーションの動作状況に関する情報(利用データ)を提供することがあります。このような情報は利用者がそのアプリケーションを解析できるように提供されるものですが、Metapsはエンドユーザーについて利用者がその利用データを活用することに責を負いません。エンドユーザーは利用者の方針を確認して、利用データ活用の目的や方法を理解してください。

利用者がMetapsが運営するサービスや製品を利用する際、アプリケーションをダウンロードあるいはインストールするエンドユーザーや、またプラットフォーム「OfferBoard」や「Exchanger」を通じてアクセスするエンドユーザーについて、Metapsから端末IDを提供する場合があります。Metapsはまた、利用者のエンドユーザーがいつ広告をクリックしたか、いつアプリケーションのダウンロードやインストールを実行したかに関する時刻スタンプの他、そのIPアドレスに基づいてエンドユーザーの位置情報を提供することがあります。利用者はそのエンドユーザーの端末IDをMetapsに提供して、アプリケーションのダウンロードやインストールが実行された時刻の一覧を取得することが可能です。一部の広告主に対して、Metapsはキャンペーン後にアプリケーションのダウンロードやインストールを実行したエンドユーザーの端末ID情報の他、要望がある場合は実行時刻を記載した報告書を提出します。

収集情報の活用

可能な限り最良の利用体験を提供できるよう、利用者の個人データは個人情報保護法に従って、以下の目的で収集、活用、また公開されます:

利用データ

1.1 サービスの最適化:適用される個人情報保護法に従って、また法的にも業務上にも正当な目的のため、Metapsは利用者の個人データを収集、処理、保存します。言い換えれば、Metapsは利用者データを、利用者のウェブサイトやサービスをよく把握して、よりよいサービス提供を行うために収集、処理、保存しています。例えば、Metapsは個人データを、サービス利用、請求書作成、カスタマーサービス利用といった利用者との合意事項を直接的に処理するためだけでなく、運営するウェブサイトやサービスの不具合や悪用を特定するために活用します。

1.2 悪用の防止および対策:適用される個人情報保護法に従って、Metapsは利用者個人データを、利用者ウェブサイト上および利用者顧客の広告やサービスに関する行動情報などを、Metapsが運営するウェブサイトやサービスの利用に関して収集、保存します。これには、利用者やそのエンドユーザーによる悪用や不適切行動の検出に有益となる行動傾向と悪用の監視が含まれます。Metapsは、例えば特殊なソフトウェアを用いて、利用者やそのエンドユーザーの利用行動から不正スクリプトの使用を検出する他、IPアドレスなどのデータを特定します。利用者やそのエンドユーザーが、不正スクリプトを用いるなどして利用者が拘束される契約義務に違反していると判断した場合、Metapsは明確に、利用者とそのエンドユーザーのデータを、収集した他のデータとともに違反を証明するために利用する権利を有し、また運営を通常の状態に回復するため利用者やそのエンドユーザーに対して追加の措置を講じることがあります。

1.3 サービス料金の請求:適用される個人情報保護法に従って、Metapsは利用者個人データを、サービス料金の請求を目的として支払い処理サービス業者と共有する権利を有しています。Metapsはまた、支払い残高回収を委託した第三者に対し、情報が回収に必要だったり、有益だったりする限りにおいて、利用者個人データを提供する権利も有しています。この第三者の名称は利用者に通知されます。このような業務においてMetapsが第三者と協力する場合、Metapsには適用される個人情報保護法を第三者に順守させ、十分なデータ保護が実施されるようにする義務を負います。

1.4 市場調査:適用される個人情報保護法に従って、利用者分布、関心事、利用行動を調査するため、Metapsは利用者やそのエンドユーザーが保存し、または、提供する個人データを活用、公開する権利を有しています。これは匿名で実施され、またMetapsは利用者やそのエンドユーザーについて保存している情報を、個人を特定しない統計的な集合体として解析する権利を有しています。利用者プロファイルの生成に利用者個人データを活用する範囲において、Metapsはそのようなデータを利用者の同意なしに第三者と一切共有しません。利用者が同意を撤回した場合は、利用者プロファイルの利用を即時中止します。

電子メールアドレス

Metapsはオファーを通じて提供されたり、利用者が直接提供したりする電子メールアドレスを、ニューズレターやオファー情報の送信に使用することができます。電子メールによる書面通知によって、利用者はいずれの時点においてもこの同意を撤回することができます。受信した情報やニューズレターを利用して送信停止の通知を送付することなどで、同意の撤回が可能です。

その他:自発的に提供された情報

Metapsの求めに応じて利用者が自発的に提供した個人データについては、Metapsは利用者の同意を得たうえでこの情報を利用します。

情報の共有

Metapsが利用者に関して有している個人データは機密として扱われますが、Metapsは以下に記載する方法で、また以下に記載する第三者と、適用される個人情報保護法に従ってデータを共有する場合があります:

プロモーション、利用者への情報配信、またアンケートの実施など、顧客情報を管理する業者やMetapsに代わってサービス提供を行う業者と利用者個人データを共有する場合があります。これらのサービス提供業者は、利用者の個人データをその他の目的で利用したり、公開する権限を有しません。

利用者向けに製品、サービス、内容、プロモーションを提供することを目的とする共同マーケティング活動を実施するために提携する他の企業と利用者の個人データを共有する場合があります。共同マーケティング活動を実施する企業との共有を除いて、第三者が自身の製品やサービスに関するマーケティング活動を実施するために、Metapsが利用者個人データを売却したり貸与したりすることはいずれの第三者に対してもありません。

国益に必要な場合、あるいは公的機関による調査、手続きのために公開することが公共の利益にかなう場合、利用者の個人データを公開する場合があります。

利用者が広告主からのプロモーションオファーを引き換えたり、またアンケートに参加したりする際に、アンケートの手続きや参加に情報が必要な場合、利用者の個人データを広告主に送信することがあります。

利用者の匿名個人データを使用できるのはMetapsだけで、第三者と共有することはありません。利用者の行動に関して第三者が取得できる情報は、個人が特定できないものだけです。

情報の管理

利用者との通信は、利用者が要望する場合にのみ行われます。利用者の判断によって自ら情報を受信するかどうか選択できるようにしています。適用される個人情報保護法に従って、利用者は妥当と見なされる書面を提出することで以下への権利を有しています:

  • 個人データの収集、利用、公開に関する同意を撤回する
  • 個人データへのアクセスを求める
  • 個人データの内容を訂正する

また、以下の場合はsupport@metaps.comにお知らせください:

  • 個人データへのアクセス、またその内容の訂正を求め、また、個人データの収集、使用、公開に対する同意を撤回する場合
  • お問い合わせ

Metapsはまた、プロモーション通知のための電子メールで利用者と通信します。この電子メールリストからの削除を求める場合は、support@metaps.comまでご連絡ください。30営業日以内に削除の処理を行います。

安全対策

Metapsは、保有や管理する利用者の個人データを、権限のないアクセス、使用、公開を防ぐために妥当な安全対策を講じて保護し、安全なオンライン体験が可能になるようにしています。利用者個人データの安全とプライバシー保護のために、物理的、電子的な、また契約上、管理上の安全対策に講じています。

Metapsのウェブサイト上で個人データを入力すると、「セキュアソケットレイヤー(SSL)」技術によって送信情報を保護しています。使用のブラウザーによって異なりますが、壊れていないカギやロックが表示されると、SSLが動作していることを示しています。ブラウザーに表示されるURLを見ることで、さらに安全が確認できます。安全なサーバーにアクセスすると、表示されるURLの最初の文字が「http」から「https」に変わるはずです。

不正に個人データを取得しようとする者は、詐欺的な電子メールを送信するフィッシング詐欺と呼ばれる手口で個人情報や金融情報を明らかにさせようとすることがあります。フィッシングは個人データを盗もうとする詐欺です。Metapsから送信されたように見せかけて個人データを求める電子メールを受信しても返信しないでください。Metapsが電子メールで利用者のパスワード、ユーザー名、クレジットカード情報など個人データを求めることは一切ありません。Metapsの名をかたって送られてきた疑わしい電子メール、ポップアップ表示、また偽のウェブサイトに対して個人データを入力して返信してしまった場合は、support@metaps.comに電子メールをお送りください。

クッキーの使用

Metapsは利用状況追跡のためにブラウザークッキーを使用しています。クッキーとは、ウェブサイトが利用者のハードディスクに保存してユーザー識別を行う小さなテキストファイルで、プログラムを実行したり、コンピューターをウイルスに感染させることはできません。

Metapsはクッキーを使用していますが、クッキーに個人データを保存することはありません。クッキーの使用はMetapsのウェブサイトやサービスの利用体験を改善できるようにするためで、例えば以下の目的で行っています:

  • ウェブサイトを再訪した利用者を認識する
  • 利用者が登録、アップロード、あるいは保存したアプリケーションを追跡して、アカウント内にあるアプリケーションを記憶する
  • ウェブサイトにアカウントがある場合は、そこでの購入注文を処理して「Paypal」による支払いを可能にする
  • ゲストがMetapsのウェブサイト内をどのように移動したか、またサイト内検索入力でどのようなサービスが求められたかを確認調査する

Metapsは、クッキーの使用によって、利用者がMetapsのウェブサイトにアクセスする前にどのウェブサイトを訪問したかを追跡しています。これ以外の目的で、利用者の外部ウェブサイト利用に関する情報を追跡することはありません。

利用者はクッキーを受け入れることも、また拒否することもできます。使用ブラウザーの設定でクッキーを拒否することが可能です。ただし、クッキーを拒否した場合、Metapsのウェブサイトが正常に動作しない可能性があります。例えば、すべてのクッキーを拒否した場合、ウェブサイトの一部が閲覧できなかったり、その登録機能が使用できないことがあり、利用体験に影響するかもしれません。

ウェブビーコンの使用

Metapsは、ウェブサイト上のどの内容が効果的なのかを知ることで、よりよく管理するためにクリアGIF(またはウェブビーコン、ウェブバグ)と呼ばれるソフトウェア技術を使用しています。クリアGIFは識別符号を持った小型の画像で、クッキーと同様の機能を有しており、利用者のオンライン上での移動を追跡するために使われます。利用者のハードディスクに保存されるクッキーとは異なり、クリアGIFはウェブページや電子メールに見えない形式で埋め込まれており、ピリオド(.)とほぼ同じ大きさです。Metapsはウェブビーコンをクッキー送信、訪問回数の把握、また電子メールの開封を確認するために使用しています。

他サイトへのリンク

Metapsのウェブサイト上には、利用者にとって有益だと思われる他のサイトへのリンクが設定されている場合があります。このようなサイトはMetapsとは別に運営されているもので、プライバシー保護や安全への対策が独自に講じられています。オンライン体験を最適にするため、利用者には個別のサイトが持つプライバシーと安全に関する方針を確認することを強くおすすめします。リンクが設定されたウェブサイト内の内容や方針について、Metapsは責を負っておらず、リンクはあくまでも利用者への利便と情報提供を唯一の目的として設定されています。

情報の保管

Metapsは、利用者個人データの収集目的が保存し続けることではない、また保存が法的や業務上に必要ではなくなったと合理的に判断した時点で、速やかに個人データを削除します。

プライバシー権 / 質問やコメント

利用者からの同意を得ずに、また適用法の規定する範囲外で、Metapsは利用者の個人データを第三者に公開することはありません。Metapsは、データの収集、使用、公開に関与する従業員、役員、代理人、コンサルタント、契約事業者があらゆる適用法を順守して、本方針の規定に従うことに努力しています。

ご質問やコメントがおありの場合は、support@metaps.comへお送りください。


2013年7月1日更新